ADDRESS

霧島市国分中央
Kirisima city Kokubu central

PHONE

099-550-2208

【顔面神経麻痺】味覚戻り、ほとんど動きます!!

今年の2月中旬の起床時に、右の顔が動いていないことに気付いたそうです。

近くの鍼灸師に治療受けるも、症状に変化なかったため、病院を受診したところ脳外科で“ベル麻痺(顔面神経麻痺)”と診断された。

さらに近医の耳鼻科を受診したところ“ラムゼイハント症候群”を疑われ、抗生剤を処方されたそうです。

 

お薬を飲んでも症状に変化なく困っていたところ、相談を受けました。

 

初診時

瞬きもできていませんでした。

安静時:左右の非対称が現れている

閉眼:右眼が完全に閉じれていない

右ウインク:不可能

頬を膨らませる:正常側に引っ張られ、かつ空気がもれる

シワ寄せ:右側は全く動いていない

イー:正常側に引っ張られている

 安静

閉眼 右ウインク
 安静  安静時閉眼  右ウインク

頬をふくらます

額にシワを寄せる

 イー

 頬を膨らませ  しわ寄せ

イー

柳原評価法:12点

初診治療後瞬きに反応があり、頭がスッキリしている。」とコメントを聴取出来ました。

初診時の診察では、頭のサインが“熱”で炎症を示していたので、週に3回の治療を勧めました。

4診目では、「夜もスッキリ眠れます」とおっしゃっていました。(発症時は、頭が痛く寝れなかったそうです。)僕から見て、まだ表情には変化はなかったんですが、本人は「顔の腫れぼったい感じがなく、目も閉じれている状態で寝れてます」と言ってました。

5診目の診察では頭のサインが“寒”循環不全に変化していました。

ここから表情が徐々に回復していくだろうと診察結果で判断し、患者様本人に自宅で表情筋のマッサージをしてくださいと指導しました。(この時期以前にしてしまうと症状が悪化してしまいます。)

8診目で「味覚が完全に戻りました」っと嬉しいコメントが聞けました。この頃には、周りの友人からも「ほとんどわからないね」と言われていたそうです。本人も最初はマスクをして顔を隠していましたが、この頃にはマスクをはずして生活していました。

10診目

安静:左右対称

ウインク:できている

シワ寄せ:左右対称にシワがよっており、眉毛も挙がっている

頬膨らませ:空気がもれない

イー:できている

 安静

右ウインク

 IMG_8041  IMG_8044

 額のシワ寄せ

頬膨らませ

イー

 IMG_8046  IMG_8043  IMG_8042

生活に支障なく、ほとんど動いています。ご飯もおいしいです」と嬉しいコメントを戴きました。

現在は、1週間に1回の鍼灸治療を受け再発しない身体に変えるため通院されています。

当院の診察では、頭のサインが熱から寒に変化する時期が非常に大切になってきます。

この時期で治療法を変えることで、症状の改善・回復スピードが断然変わってきます。

顔面神経麻痺を発症された方、そのご家族の方は、早めに当院を受診されてください。

詳しくはホームページ【顔面神経麻痺】に掲載しております。 御連絡お待ちしております。

20代   男性   霧島市国分