発症後どれくらい経過してますか?

何日〜何ヶ月、お薬を飲みましたか?何日〜何週間、入院されましたか?変化していますか?受診の際には、病院で処方されたお薬も持参して頂くことをお願いしています。顔面神経麻痺・ラムゼイハント症候群を患った方は、1週間以内になるべく早く受診し、治療を開始することをお勧めしています。治療開始が遅れれば、回復過程が複雑になります。表情筋の麻痺は結果です。それを起こした原因が今の西洋医学では特定できず、選択されるのはステロイド処方でしょうか。結果を触るのではなく原因を治療することが病気にとって大切です。確実に原因を治療し解消することで病体は治癒の方向に向かいます。

(注:癌既往の患者様は、これに限りません。)


このようなことでお悩みの方へ
  • ◯ 顔面神経麻痺になってしまった
    ◯ ステロイド・ビタミン剤飲んでも改善しない
    ◯ 早く治したい
    ◯ 顔が痛い・熱い
    ◯ 耳が痛い
    ◯ 飲み物をこぼす
    ◯ 目が閉じれない
    ◯ 人の目が気になる
    ◯ その他、日常生活においてお困りの症状を多く抱えている方
■ 治 療
  • 「この一週間、頭がスッキリしています」
  • 「顔のむくみ感が減っています」
  • 「引きつり感が和らいできました」
    などの症状の変化が現れ、実感され
  • 「目が閉じれるようになってきました」
  • 「瞬きができます」
  • 「夜がぐっすり眠れます」
  • 「味覚が戻ってきました」
  • 「顔や頭が軽い」
    このような、症状の変化から、徐々に表情筋が左右対称になっていきます。

病気を軽く考えないように。まずは1ヶ月から。1ヶ月毎に経過観察し、毎回の治療が非常に重要です。
お問い合わせ・予約 0995-50-2208