院長 石賀 周一

学位取得後、『西洋医学』の知識を深めるため大学院に進学し、明治鍼灸大学付属病院と明治鍼灸大学付属鍼灸センターで2年間研鑽する。
【修士過程1年目】
内科・外科・整形外科・泌尿器科・脳外科・麻酔科・眼科・耳鼻咽喉科・婦人科・歯科の各科をローテーションで研修。

外来患者や入院患者に対して行われる医師の診療を傍で見ることで、現代医療がどの様に行われているのかを学ぶ。

附属鍼灸センターでは、附属病院各科に所属する鍼灸師の下、専門的な鍼灸治療を学ぶ。

【修士過程2年目】
『脳神経外科』に所属
脳梗塞後遺症、半身麻痺、頭痛、めまい、うつ病、脳出血後遺症などに対する鍼灸治療を行う。附属鍼灸センターでは、東洋医学の源流である『始原東洋医学』を学ぶ。

【修士課程修了後】
霧島にある鹿児島第一医療リハビリ専門学校にて教職に就き、付属鍼灸院で学生実習とともに地域の患者の診療にあたる。有川医院にて『始原東洋医学』の学びを深める。

【霧島国分隼人の鍼灸医学院】石賀鍼灸院を開院。
現在に至る

 

 

 

 

 

副院長 石賀 彰子
原著論文(人体科学学会)
研究内容・学会発表(全日本鍼灸学会、近畿学術集会、人体科学学会)