ADDRESS

霧島市国分中央
Kirisima city Kokubu central

PHONE

099-550-2208

【耳管閉塞症・耳管開放症・副鼻腔炎】 いろんな病名がつけられ受診 その①

主訴

  • 鼻つまり
  • 左耳の閉塞感
  • 音が響く
    どの症状も常時ある状態

既往歴:高血圧・緑内障・尿管結石


当院を受診される3ヶ月程前、1週間ぐらい夜寝つきが悪かったそうで、その後、鼻つまりと左耳の閉塞感を自覚されました。その時期は、仕事状況も忙しい時期だったようです。

日に日に悪化している感じが気になり、耳鼻咽喉科を受診しました。そこで、3つの耳鼻咽喉科を受診され、診察〜画像所見をもとに、

  1. 副鼻腔炎
  2. 耳管閉塞症
  3. 耳管開放症
    と診断されたそうです。

そこで、ステロイド服用薬、ビタミン剤、と処置として鼻から空気を通すという治療を開始されました。

それから、3ヶ月間毎日(計60回以上)、耳鼻咽喉科に通い治療を受けたそうです。治療直後は、なんか通る感じがしたようですが、5分後には症状が戻るということを繰り返しだったそうです。

そこで、当院を知り、受診されました。(発症から3ヶ月以上経過)


 

診察(初診)すると

頭に局所性の炎症があることを捉え、4本ほど鍼をして20分ほど置鍼してゆっくりしてもらいました。

治療後、

今どうですか?と変化を尋ねると

「鼻が通ってる。通り過ぎて痛いぐらい!!」とおっしゃっていました。

耳の方はどうですか?

「耳は、まだわかりません。」と正直にお話しくださいました。

頭の炎症が原因で、症状が出ていると判断しているので、早くこの炎症を解消していきたいので、3日後に治療に来てくださいと説明しました。

 

  • 2診目
    診察では、炎症状態
    耳の閉塞感は自覚され、鼻のつまり感が軽減していました。
  • 3診目(1週間後)
    鼻のつまり感は、時折感じる程度になり、耳の閉塞感も、時間帯により症状の軽重があるという状態になっていました。
  • 4診目
    「4日間は症状が楽だった」
    頭痛もない
  • 5診目
    鼻つまりが解消していました。
    耳の閉塞感の程度も10→7程度になってきている。

という状態に、症状が変化を実感されてきていました。

霧島国分 50代男性