主訴 : 頭 痛

特徴:眼の奥が痛いような重いような感じで常にある

3年ほど前に、女性の方が頭痛を訴え来られました。(この時は、専門学校で診療をしていました。)

初診時の事をよく覚えているのですが

診察すると、頭に反応があるなぁと思い、頭に数本鍼をしたと思います。

そこで治療後日に旦那さまとお話をする機会があり、こんなことをおっしゃってくれました。

「先生、うちのを治療をしてくれてありがとうございました。あの後、家で話してると、妻が鍼を受けたとき頭に血が流れるような水が流れるような感じでジュワーと感じ、治療が終わると頭がスッキリしていたっと言ってたよ。」

この言葉を聞いて、とても驚いたことを覚えています。

 

それから、ご本人のペースに合わせ、2週間に1回や時には3週間に1回のペースでゆっくりと治療をしていきました。

それから今年になり、ご本人のペースで2週間に1回の治療を重ねていました。
この頃には2年程たったでしょうか。

時々、「症状の変化を確認をかねて、以前はこんなでしたよね。」なんて笑い話をして話すのですが

実は、その会話の内容に毎回驚いています。

  • あんなに疲れやすくて家で寝ていたのに、今では仕事ができています。
  • 毎年、決まった時期に風邪をひいていたのに、かからなくなっています。
  • 治療を受けていくと、身体が変わってるのが分かります。
  • 以前は、片頭痛のような頭痛があったのに今ではないです。

などあまり詳しく聞いていなかったけど、いろいろと変化を感じてくれていたんだなぁとホッとしました。

40代女性 霧島市国分